7:1看護のメリット

7:1看護のメリット

pixta_9747743_S.jpg
最近は7:1看護の病院が多くなりましたね。

2006年度の診療報酬改定によって看護師の配置基準が改定されて、患者さん7人に対して看護師が1人勤務する「7:1看護」の入院基本料が創設されました。

看護師の配置人数は、15:1、13:1、10:1、そして新しく創設された7:1の4つに区分されているんですよね。

7:1看護では、患者さんに対して看護師の人数が多くなりますよね。

看護師の人数が従来より増えたことによって、患者さんは手厚く質の良い看護が受けられるというメリットがあるんです(*^o^*)

また、病院にとっては7:1看護を行うと入院基本料の加算があるため収入がアップするというメリットがありますね。

また、7:1看護では看護師にとってもメリットがあります。

看護師の人数が多いことから、看護師1人あたりが受け持つ患者さんの人数が減りますよね。

それによって、過酷な勤務と言われている看護師の体力的な負担や精神的な負担が減るんです(^_^)

また、受け持つ患者さんが減るということは、患者さん一人一人に対して目が行き届きますし、余裕を持って患者さんに関わることが出来るんです。

余裕を持って患者さんを診ることができると、インシデントや医療ミスも減りますよね。

この7:1看護を導入したことによって、看護師の退職者が減少しているというデータもあるんですよね(-_^)

看護師の仕事ってハードな勤務だから、結婚や出産と仕事の両立が出来ずに離職する看護師が多いんですよね。

体力や精神的な余裕ができると、家事や子育てとの両立がしやすくなりますよね。

7:1看護を導入することによって、看護師に余裕ができてプライベートを充実させることができるようになったことが大きいですね。

医療ワーカーの口コミ

2015年1月25日|